実際に自分に必要な車と欲しい車に差がありすぎる

実際に運転したり移動するには、それほど大きな車は必要ないでしょう。
普通に通勤だとか移動で使用したり、ちょっと遠出する旅行で使用するくらいなら、本当にコンパクトカーでこと足りてしまいます。
力強い走りを体感できる2リッター以上の排気量だとか、汎用性の高い3列シートだとか、600リットル越えのラゲッジスペースだとか…
車のセールスポイントとしてこういうことが大々的に謳われたりしますが、それがなければ困ると言うものでもないですよね。
でも、そうは分かっていても、やっぱり大きい車というのは迫力があるし、格好いいと思ってしまいます。
せっかく自分で買う車だし、どのみち安くはない買い物なのだから、多少値段が高くても、そういう車を選びたくなってしまうものです。
いま、車を買おうかなと検討しているのですが、欲しいなと思う車と、実際に必要な性能のある車に大きな乖離が存在しています。
大きな車はそれだけ車両の値段も高いわけだし、税金もかかるし、燃費が良いとはいえません。
それでも惹かれてしまう自分を納得させるような魅力が、コンパクトカーにはなかったりするのが、とても悩ましいんですよね。銀座カラー 顔脱毛

実際に自分に必要な車と欲しい車に差がありすぎる